平成27年度保育:子育てアドバイザー春期講習会内容(事務局からのお知らせ)

岡崎愛久男 (千葉県・事務局) (2015-03-07 16:20:58)

お茶の水女子大学名誉教授 藤永 保 先生
気になる子の急増とその背景―どう取り組むか
気になる子は、今や保育界だけではなく学界でも一種の流行語になっています。気になる子の正体は何なのか、なぜこんなに流行るのだろうか、どこが問題になるのかなどを考え、そこから就学前の発達の鍵を探ります。

聖心女子大学教授 川上 清文 先生
子どもをどう観るか
あなたは「子どもをどう観ていますか?」生まれつき”よい”と観ていますか? それとも生まれつき”悪”いので”よく”しなくてはいけない、と観ていますか? どちらでもない子ども観を紹介します。また、日頃私が子どもたちから学んでいることもご報告します。子どもたちの世界を共に探究しましょう。

東京未来大学教授 渡辺 千歳 先生
発達障害とは何か―自閉症スペクトラム・LD・ADHD
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)といった発達障害について概説します。とくに幼児期に集団行動などで気づかれやすい行動を紹介し、保育者の対応について考えます。

元東京大学医学部教授 早川 浩 先生
乳幼児の保健衛生―これだけは知っておきたい
日頃接する乳幼児の健康管理の上でぜひ知っておくべき事項についてお話しします。主な症状とその注意点、対策などを中心に、よくある病気についてまとめてみましょう。

元京都光華女子大学教授 荘厳 舜哉 先生
子育ての歴史と現代文化
私たち人類はどのようにして子どもを産み、育ててきたのでしょうか。そして今、それがどのように変化し、どのような問題が生じてきているのでしょうか。文化による子育ての違いや時代による変化を、豊富な資料に基づいてわかりやすく解説します。大きな視点で子育てを捉えることで、目の前にある個々の問題の解決の糸口が見えてくるはずです。


戻る